BLOG

B41Q0367.JPG
 
 
いろんなイベントも終了して一段落の週末。

秋晴れの下、デッキチェアに寝転んで空を仰ぎ見ながら
ずっと読書していました。(もちろん、ビール片手に)
 
というわけで、週末読了した三冊をご紹介します〜。
 
 
飛行士と東京の雨の森.JPG
 
 
「飛行士と東京の雨の森」 西崎 憲
 
とても静謐なトーンの短編集。

特に「都市と郊外」にはとても共感しました。

ハタチの頃、カワサキW1SAで都内を夜な夜な走りまわっているときに

時間や距離について、いろいろ思い巡らせていたのですが

少し解を導かれた感じ(大袈裟だな〜笑)

なんてったって、当時の僕はイタロ・カルビーノとかが好きな

不思議少年でしたから(汗)
 
 
尖閣喪失.JPG
 
 
「尖閣喪失」 大石英司

これは本当にありそうなシナリオですね〜

先日、中国の空母「遼寧」も就役したところだし。。

ポリティカル・サスペンスとして、一気読み出来ちゃいます。
  
 
鮫島の貌.JPG


「新宿鮫短編集 鮫島の貌」 大沢在昌
 
27才のとき、海外ロケに向かう機中で演出家のMさんに

「えっ!?ナカツガワ君、新宿鮫も知らないの!読まなきゃ駄目でしょう。。」

と薦められたのが新宿鮫との出会いでした。

Mさんに借りた一冊を往復の機中で読み切り、帰国後にシリーズ読破。

いまでも新刊が出たら、一応読んでます。

都内に在住していた頃は、新宿鮫の舞台を探して

オートバイで夜の新宿に出掛けたりしたものです。

この短編集は、新宿鮫シリーズをそれなりに読んだことがあるファン向けです。

ファンが読めばとても楽しいと思いますが、新宿鮫を未読のみなさんは

まずは、本編シリーズを読むことをお薦めします(必ず発行順に)
 



 
 

 
 




コメントする

CALENDAR
  << October 2012 >>  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ