BLOG

IMG_2994.jpg
 
 
FRP&カーボン加工のプロフェッショナル、EMSさんにお邪魔してきました。

写真の息子さん(社長さんです)と会長であるお父さんにお相手頂きましたが

お話が盛り上がって、2時間30分あっという間でした。

物作りに対する情熱って、業種が違ってもまったく同じですね。

楽しいひとときをありがとうございました!

閑話休題。

社長さんが手にしているのは、鮫の顎骨。
 
実はこれ、数ヶ月前に僕が

「鮫の顎骨をFRPで複製出来たら面白いかも?」って言ったことに

対して秘密裏(?)に試作して頂いてたものです。
 
 
IMG_2987.JPG
 
 
まずは本物の顎骨を型取りします。
 

IMG_2995.JPG
 
 
そこに、FRPを流し込めばレプリカの完成です。
 
写真はオリーブグリーンにペイントしてありますが

リアルな乳白色で塗れば、楽しい壁掛けオブジェになります。
 

IMG_2992.jpg
 
 
ちなみにこちらは、カーボン製。

まだ切り抜いていないものですが

形を整えればクールなオブジェになりそうです。

思いついたら、すぐに手を動かしてカタチにしていけるって

素晴らしいですね。

EMSさんの工房、楽しいです。


 




コメント
2012/09/11

おみやげ特集

 
中津川敬
先週末から今週にかけて、皆さんから戴いたおみやげをご紹介します〜!

皆さん、ありがとうございました!
 
札幌おかき.JPG
 
 
まずは、「札幌おかき Oh!焼とうきび」

ギガントアルバイトスタッフ、アリちゃんの北海道みやげ。

アリちゃんは同じくギガントでアルバイトをしているハイジの実家を訪ねて
釧路湿原に出掛けて来たそうです。
釧路湿原に実家があるなんて、すごく羨ましいですね〜
タンチョウがたくさんいるらしいです。

 
大通公園名物.JPG
 
 
いままで北海道のスナック菓子みやげと言えば、じゃがポックルが定番でしたが
ひょっとしてこちらの方が美味いかも。。。
 

焼とうきび.JPG
 
 
醤油風味のとうもろこし味の揚げ菓子と一緒に乾燥コーンが入っています。

ハイジ、このブログを見ていたら
釧路湿原から浜松に戻って来るときに、3箱買ってきてくれ〜

よろしく!
 

IMG_0745.JPG
 
 
次は、同じとうもろこしでもホンモノです。
 
「長野県諏訪産とうもろこし」

夏が終わり、浜松の産直売場ではとうもろこしが完全に姿を消しました(泣)

あ〜来年までお別れか。。。と嘆いていたところ、
グッドタイミングで長野県諏訪にお出掛けになったEMAさまファミリーから
おみやげを戴きました。

生でも食べられる、
甘々娘にも通じる美味しさです。

EMAさまはお料理がとてもお上手でお話が面白い良妻賢母さんです。

元○○ライダーという一面もお持ちのスーパーウーマンですが
個人情報に抵触しますのでこれ以上はご本人の許諾が得られれば
別の機会に特集を組みたいと思います〜!
 

IMG_0739.JPG
 
 
敏腕営業マン、本日の釣果「イサキ」
 
先日は獲れたての蛸を持ってきてくれた、高級外車トップセールスマンKSさん。

今回は、イサキです。
 

IMG_0748.JPG
 
 
早速、刺身にして柚子胡椒でご馳走になりましたが
白身なのに適度に脂がのっていて新鮮!

めちゃ美味でした!

やはり生命力溢れるひとが釣った魚は活きがいいですね〜。
 

shark toy.JPG
 
   
そしてこれが今回の問題作。

「ホホジロザメの小さなおもちゃ」
 
いつもお世話になっている、TICKLEおカミがあわしまマリンパークで
ゲットしてきてくれたおみやげです。
 
ホホジロザメがいっぱいコレクションです(笑)

たぶんsafari社製だと思いますが、これ最高ですね〜
 

IMG_0756.JPG

 

ちなみにティースプーンと比べても、こんな小ささ(笑)

まさにメダカサイズです。
 

safari shark.JPG

 
TICKLEおカミのセンスには僕も一目置いているのですが
小さな紙袋にこれをゴソッと入れて手渡してくれるあたり、
流石だと思います。

最近、ヘアスタイルも梅宮アンナ風になったし。

こんなセンスの良いオートバイ屋さんで愛車を見繕ってもらったら
きっと凄く楽しいモーターサイクルライフを送れると思いますよ〜!

修理やメンテナンス、レストアのお仕事も速くて!確実!
是非、ご利用下さい。


ということで、皆さんあらためてありがとうございました〜!
また美味しくて楽しいおみやげをお待ちしております〜!



コメント
2010/11/25

ホホジロザメ

 
中津川敬
IMG_0398.JPG

 
「なんだか、サメが増えてるような。。」 
 
普段は非常に鈍感な山村ですが、あっさり見つかってしまいました。
 
そうなんです、ホホジロザメのディスプレイがまた新しく追加されました。
 
左から、

南アフリカ沖に生息する個体

カリフォルニア沖に生息する個体

海洋堂アクアランド製

になります。
 
「まるで親鮫、子鮫、孫鮫ですね」と山村。
 
そんなかわいい表現はして欲しくありません。
 
どうして僕がサメ好きなのかまったく理解していない鈍感な山村。
 
サメの餌にもなりません。
  

IMG_0403.JPG
 
 
新しく仲間入りした、カリフォルニア沖に生息する個体モデルは1/15サイズ
 
写真よりも実物はずっとカッコイイです。
 
これを制作している方は本当にいい腕。
 
鮫愛があって、とても共感できます。


コメント
2010/06/18

Great White Shark

 
中津川敬

shark1024.jpg


僕がTREXと同じくらい大好きな生き物、ホホジロザメ

子供の頃に江ノ島で小さなサメの顎骨を買ってもらって以来、
いつかは家で大きなホホジロザメを飼ってみたい!と夢想し続けています。

壁一面が水槽になっていて、そこに巨大なホホジロザメが泳いでいたら
007に出てくる敵の秘密基地にあるインテリアみたいで
格好良くないですか??


R0011581.JPG

体長5メートル、体重1トンのホホジロザメの完璧な顎骨
隣にあるハーレーダビッドソンのガソリンタンクが小さく見えます!


DSC01927.JPG

岩手県沖の定置網にかかったホホジロザメ
頭部だけで重さ100kg!

下に敷いてあるパレットが1メートル四方ですから
いかに巨大かがわかります。

このあと解体されて僕のところにやってきました。
(上の顎骨がそれ)


R0011825.JPG

最も進化したサメ、アオザメの顎骨といろんなディスプレイ


ホホジロザメ.JPG

こんなのや


海洋堂.JPG

こんなのもあり


jaws.JPG

1970年代のプラモデルや


51UQYjENYoL._SL500_AA300_.jpg

参考資料も集めています。


まだまだたくさんあるサメグッズ。
また次の機会に続きをご紹介したいと思います。


僕がホホジロサメを好きな理由。


それは戦闘機が好きなのと同じ感覚で
戦うという目的に集約された機能美なんだと思います。


HR7Z3795.JPG


実は同じ理由でピラニアも好きで
いまも飼育中(笑)


本日は鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばす、
夏のホホジロザメ特集でした〜!


800px-White_shark.jpg



コメント
 
中津川敬

成田空港から2トントラックに載ってやってきました!

TREX0.jpg


木枠梱包の重さは、500kg!!

TREX1.jpg


ものすごく丁寧に梱包されていました。
とても律儀なアメリカ人。

運送会社のドライバーさん曰く、
本物の化石も同じような梱包で運ばれるそうで
これが全身骨格だと木枠梱包が10個くらいゴロゴロと届くらしい。

TREX2.jpg


早速数時間かけて開梱。
オフィスに設置する、弊社山村。

山村曰く「ボクなら丸呑みにされないな」

TREX3.jpg

レジンの複製にピグメントが施されています。
台はキャスター付きの木製。
鉄製の支柱は高さ180cmで作ってもらいました。



コメント
2010/03/25

TREX 関税FREE

 
中津川敬

TREXをアメリカから日本に輸入するにあたり、

・送料&梱包代(木枠で厳重に梱包されます)

・日本の消費税

は必要になります。

問題は関税がかかるかどうかということ。

成田空港に到着した時点で
UPSの御担当、東京税関、成田航空貨物出張所のみなさんに
とても丁寧なアドバイスを頂き最終的に
EXHIBIT(展示品)扱いで9023関税フリーということになりました。

ちなみに9023という耳慣れない表現は
関税定率法及び関税暫定措置法の一部を改正する法律の第9023・00号
ということらしいです。

第9023・00号〜
教育用、展示用その他の実物説明用のみに適する機器及び模型

UPSさん、税関のみなさん
ありがとうございました!
とても丁寧なお仕事をされるみなさんで
刺激になりました。



コメント
 
中津川敬

本物の大きさじゃ恐いから
勉強机の上で飼えて学校に行くときは家族に見つからないように
引き出しにしまっておける生きたティラノザウルスが欲しい。

これが小学生のときの僕の夢でした。

でも生きていなくてディスプレイするのなら
実際の大きさが体感できるリアルサイズが究極です。

昨秋ついに決断しました。

STANを所蔵するアメリカサウスダコタ州の自然博物館に
本物から型取り、レジンで複製するレプリカをオーダーすることを。。

早速メールで打診したところ、いままで他の博物館に納めるための複製に使っていた
型が老朽化したので今回自分がオーダーするものが新しい型取りの第一号になり
制作から日本着荷まで3ヶ月要するとのことでした。

待つこと3ヶ月。。

途中、待ちくたびれた僕のためにブラックヒルズのラリーさんが
制作途中の写真を送ってくれたのがコレ ↓

STAN progress3.jpg

STAN progress2.jpg



コメント
 
中津川敬

それから10年間は大恐竜博でGETしたSTANのミニチュアが一番のお気に入りでした。

5年前のある日、STANを発掘したブラックヒルズの自然博物館で
本物のSTANから3Dスキャンした1/6のレプリカが売られていることを知って
急いでアメリカにオーダーしました。

それがコレ ↓

stan.JPG

最初に手に入れたミニチュアの彫刻作品的な味も好きだけど
流石、3Dスキャン!
超リアルです。

唯一にして最大の不満はリアルサイズでないことでした。。。



コメント
 
中津川敬

子どもの頃から、TREX(ティラノザウルス)が大好きで
プラモデル、おもちゃ、本、博物館の土産物などなど、たくさん集めてきました。

ちなみに僕が子どもの頃のTREXは、所謂昔の怪獣的なプロポーションだったんですね。
尻尾が地面に着いている感じ。

そんなティラノザウルス好きな少年が大人になった1995年の夏(たぶん夏)。
池袋サンシャインで開催された大恐竜博を観に行ってからは、
STANというTREXの個体に強く惹かれるようになりました。

これが当時の図録 ↓

大恐竜博.jpg

STANは、発見者のスタン・サリクソンさんから命名されたもので
1992年にアメリカサウスダコタ州で発掘された
世界でもっとも保存状態の良いTREXの化石です。

これぞTREXというフォルムはすごくかっこいい。
それもそのはず、このSTANを型取り複製した化石レプリカは
世界中あちこちの博物館に展示されています。

* National Museum of Science, Tokyo, Japan
* Fukui Museum, Fukui Prefecture, Japan
* Kitakyushi Museum of Natural History, Kitakyushi, Japan
* The Dinosaur Factory, Tokyo, Japan
* Asian Trade Center, Osaka, Japan
* One STAN skeleton was purchased for a theme park in Northern Japan,
owned by Okamoto Mfg. company.

日本だけでもこんなに展示されているんです。
(情報提供:ブラックヒルズのラリーさん)

当時貧乏だった僕はサイフの全財産をはたいて
何とか小さいけれどよく出来たSTANのミニチュアを大恐竜博会場で買って帰りました。

いまでも大切にしています ↓

ティラノザウルス.jpg



コメント
CALENDAR
  << December 2014  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ